ムダ毛と決別した日々
私がムダ毛に悩みそれを解消し、決別を果たした日々まで赤裸々に語っていきます。

昼寝の持つマジックパワー

2015年8月31日 by master | Filed under 未分類.

職場で毎日、昼寝をしている人がいます。それも何人もです。畳の休憩室があり、カーテンを閉めきり薄暗くして中年の大人たちがゴロゴロと寝ているのです。一応20代の若いつもりの私はそのような行動がオジサンらしく、仲間入りすることはしないだろうと思っていました。しかし今年に入ってからはオジサンの仲間入りです。昼寝のマジックパワーに魅入ったからです。

切欠は昼寝についてネットで調べたことでした。「適度な昼寝は脳を活性化させる」という記事をいくつも見つけ、医学的にも証明されつつあり、また国によっては昼寝をするのが当たり前だという情報を耳にしました。私は昼寝をすると、そのまま眠気が続き余計にだるくなってしまうものだと思い込んでいましたが、逆のようでした。

確かに昼寝をする職場のオジサンたちは午後の仕事も元気です。15時の中間休憩に私はいつもウトウトしていましたが、彼らは談笑室でお茶をしたり、休憩もせずに仕事に勤しみ残業せずに帰るぞという人もいます。それを見ていれば昼寝の効果はもっと早くに知りえたのでしょうが、肝心の昼に眠くならないのですから、昼寝のメリットを知ってもまだ実行には至りませんでした。

はじめて職場で昼寝をしたのは、徹夜が過ぎた翌日のことでした。午前中はぐったりと作業し、昼食を簡単に取ると畳みの休憩室に。「今日は昼寝できるかも」と思い倒れこみ、座布団を二つ折りにして枕に。気持ち良さそうに薄っすらと笑みを浮かべて短い夢の中にあっという間に誘われました。

「おーい、起きろ~」と先輩に起こされたのは45分後でした。午後の開始時間ギリギリまで眠ってしまいました。慌てて起きましたが、その時の目覚めのスッキリ感の気持ちよさは爽快でした。「これが昼寝か!」と心で感動したほどで、午後の世界が驚くほど変わっていました。

それからというもの、会社では40代以上のオジサンに紛れて昼寝をするのが日課になりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です